楽しみの夕食とトキとのご対面

初日の夕食

佐渡の新鮮な夕食が食卓に

席は隣との距離が十分ですね

 

まずは ナマビールで乾杯

テーブルの上には  どんな料理かな

これは 釜飯

野菜、魚 の具が

美味しかったな

いやあ このイカの刺身

さすが 地元で取れてれの刺し身

新鮮で 口の中で溶けそうでした

このボタンエビも 最高

東京都で食べるのと 比較ができない美味しい刺し身でした。

朝の朝食

これで十分

そして 今日 向かったのは

佐渡といえば  朱鷺ですね

バスでトキ公園に

その途中で

 

周りの田園風景の中で

見つけましたが

白いトキが餌を探してますが

見えますかね

バスの中で 見えた 見えないで 興奮

かすかに 白い姿が

自然の中で動くトキ

皆さん見えますか

いよ いよ 飼育されてるトキとご対面

お楽しみに

 

ゴーツウで 佐渡ヶ島に上陸

いよいよ、ゴーツで

行き先は  佐渡ヶ島に

そういえば 学生時代の一人旅で 訪問

思い出は 牛小屋で寝袋にくるまって 寝たのを覚えてる

それから50年  五〇×三六五日ぶりに 佐渡に

実は上官が一度 訪問してないので

その夢を叶えるべく

ゴーツ旅行を使って  二泊ミ日で

まずは たびの醍醐味は当然 日本人なら駅弁ですぞ

上官 頼みます。

マグロいくらの駅弁だ

豪華だな

朝から  ビールを

贅沢な旅に レッゴウ

最初良ければ 最後も良いですな

思わず 思わず モナリザのほほえみかな

到着 新潟に

ここから

ここから ジェトフエリーで

佐渡の両津港へ

時間で四〇分ぐらいかな

最初は 尖閣海岸

日本海の荒波と 風により侵食した

海岸沿いの岸壁が 荒々しく その姿が

すごいね

負けるな 負けるな 七二歳

寒さを心配してましたが

やはり ですね

その姿を見てると 人間の姿とダブテきました。

長く生きてると 頭 体 心など この岸壁のように

あちこち 人生の荒波に」もまれ 傷つき

そのうち 風化するのかな

つい つい 我が身とダブりますね

帽子が飛ばないように 深く 深くかぶって

上官と自撮りの練習

うまくいったのかな

そして  定番の

パチリ

これは 君の名のロケ地で有名ですので

イケメン男優と美女の俳優のつもりで

上官は 佐渡名物のたらい船に乗ったつもりで

パチリ パチリ

さあ 始まりますよ

二泊三日の旅行

果たして 果たして

現場は、、、

紹介のお客様ですが

NPOの事務所のトイレの施工

やはり 現場は養生がすべて

果たして 現場の養生は? さすが 玄関ホールの入り口は  満点
現場の廊下も当然 エレベータの中も

満点
狭いトイレを かべを広げ

段差があった床を バリアフリーに

今まで狭かったトイレが 果たして

お客様のご満足が得られるでしょうか

天空の世界に

今日は渋谷

小生の年代では別世界と感じる街

本当に1年ぶり

そんな街を訪問したのは
  作家の勉強を学ぶため 小生の処女作「神様からの贈り物」

出版のきっかけを作ったのが 東京作家大学

一年余 学んだのがこの学校  今回は脚本の勉強を学ぶためのセミナーに参加セミナー終了後 目の前に毅然と天高くそびえ立つ高層商業ビル

そして TVで 屋上が別世界が広がると紹介されてるのを

思い出し いつの間にか

怖いもの見たさに  切符売り場に

えっ、、、入場料 二〇〇〇円

高いな  高齢者割引なし 渋谷は年寄りには優しくないな

ここまで来て引き返すことは、、、、
  このエスカレータの上に 天空の世界が待ってるのかな 到着

雲の合間に東京の町並みが足元に


上空を」見上げると スーパマンだ  いや 飛行機が

渋谷の上空に飛行機が飛んでるとは  以下 高所恐怖症の言葉が頭の中、心のなかで

踊りながらスマホのカメラスイッチを パチリ   名前は スカイギヤラリですが

なんとなくトウキョウスカイツリーのほうが親しみがわきますね  この画面は なんと 帰りのエレベータの天井に

映し出された画面  まさか 頭の上でキラ キラ動く

画像に驚いた

これは別世界から地上への サインかな  やっと いつもの世界に

この店で 題名に惹かれ ついつい

記念商品かな
 地上の世界は いいねが 感想でした。

そして 入場料金 二〇〇〇円は高いな

受験番号F209

何だ なんだと 明日は締め切り

新聞のエッセイーへの応募の締め切り

神楽坂の書斎で朝から 夜まで  なんとか 書き上げ、窓の外を見れば 明かりがあちこち
翌日は 高田馬場に
 途中 早稲田松竹映画館を横に見て
  このビルが目的 なんと  オーデション?

次から次ぐへと 受験者がゾロゾロと

びっくり
  そして 受験番号が手元に  今日は第二次受験日

ななんと 小生 今日 オーデションの日

この試験は   下郎売りの言葉を正しく、間違いないように朗読すること

歌を歌う事、

自分をアピールする事

など 審査員の前で 発表

きっかけは 大声を出す練習ができる勉強ができる

ただ ただそれだけで 書類応募したら なんと

一次試験が合格になり

今日は 面接試験日

TV 画面のモニターをみて 応募の理由を話してくれと

言われても 難しいですね

歌も歌詞を忘れ 途中でリタイアこんな立派なパンフレットが送られてきたが

いい 経験が 七二歳でできました。

結果は後日 郵便で送られてくるらしいですが

おそらく 多分 いや 不合格でしょう
  帰りは たいやきを 自宅で待っている上官のお土産に  七二歳でのタレント試験

次は どこにチャレンジしょうかな

やっと会えたね、、

前回、半年前に このお好み焼きの店に

本当に 久しぶりに

小生は 料理屋では必ず、カウンターに座り 料理人の立ち振舞をみています。

目の前で お好み焼き、その他の料理を作る料理人の

姿に 何か感じることができれば また顔を出します。
本当に お好み焼きは数年に一度ですが
 今回この店に来たのは 料理を食べた時 お皿から顔を出した

この 文字

やっと会えたね

おこのみやきの下から見えた 魔法のような言葉に

心が動きました


なんと 店長は 初めて カウンターに座った小生を覚えて

くれました。目の前でお好み焼きを作るプロの味に

感動

そしてお客様の顔を覚えるのは当たり前との事

プロですね

そして 店の前で パチリ  パチリ

池袋駅 エソラ 千房

また 顔を出すよ

石神井公園へ

歯医者の治療の帰りに

ぶらりと

石神井公園に

今から六〇年前、よく この公園に自転車で

懐かしさがいっぱいの公園

まるで 童話の世界に迷う主人公のように この道の奥には

もしかしたら、、、、の世界へ続くかもしれない

     夕方の光が湖面を照らし

色づいた紅葉がを静かに時の流れを伝えてる。  湖面に映し出される木々の姿

樹齢 何十年の木々が 何十年前も同じような姿で

見つめる人々に何を問いかけてるのだろうか

もしかしたら 六〇年前の小生の姿を覚えてるのだろうか

鬼滅の刃だあー

あかりちゃん じじが見つけて来たよ

これで いいのかな

全部 鬼滅の刃だよ

孫が大好きな鬼滅の刃の
ポスターを探して
探して
映画館を
 見つけた時
 夢中で 夢中で
  周りの目を気にしないで パチリ パチリ 頑張ったよ これで いいのかな

あかりちゃん

沖縄の息子たち

かわいい息子が 沖縄に四人

早速 父親との宴会

元気一杯

仕事を離れても この縁を

仕事の関係で小生と知り合ったが ご覧のように彼の人柄に

父親として 誇りに
そして 九州男児の息子

東京から沖縄

こうやって 那覇で美味しいお酒が飲めるのも縁ですね。

信じ合うこと 信じ合うこと

良い息子に育った
今日は 何十杯のお酒が

息子達と過ごす時間

それも 沖縄で

ありがたいですね

2人の息子に心配かけないように

暴走しないように

共に 九州男児   頑張れ 頑張れ
翌日は いよいよ 東京へ

娘は仕事を休んで 見送りに来てくれました。
沖縄で 妻として 三人の母親として 生きる娘に

感謝 感謝   頑張れ

エールを送るよ
  いざ いざ 東京へ

沖縄県立博物館 美術館

来沖すれば 必ず 訪問

沖縄県立博物館 美術館    沖縄を中心の芸術を展示
内部は ご覧のように 飲食店 美術展 歴史展などが

開催
今日は 稲嶺さんの個展が

落としが現在九〇代とか その方の芸風は果たして

果たして どんなのかな

みなさんがそれぞれ感じてください
年代、年代により 絵の色彩、題材が変わり

線がと記号から

明るい人がキャンパスに書かれ

沖縄の学校の壁などにも書かれてる。

 

まるで ピカソのような明るいタッチで

いいですな
この方のアトリエです
お年が九〇代とは  びっくり

一事一簣

一つのことを問い遂げれば 必ず 必ず 道が開ける。

素晴らしい 絵画に感動しました。